心を軽くする - アフィリエイトで脱サラ (ニートが月15万円稼ぐブログ)

インフォメーション

オレ11.png オレ11.png
作成依頼受付中 【料金一覧】イラスト、GIFアニメ、ブログパーツ
無料メールマガジン発行中 『ふみさと・自由人マガジン』登録ページ
挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

行動できないときは・・・(自信についての話)

先生


ふみさと「先生、前回の話で『行動できない原因は自信がないから』って話してたけど・・・」
ふみさと「自分に自信がある人のほうが少ないんじゃないかな?」
ふみさと「ボクだって自分に自信がないし、『自信をつける』って簡単にはできないでしょ?」
ふみさと「『行動したくてもできない人』が『行動できる人』になるのはやっぱり難しいんじゃない?」

キリギリス先生「ふみさと君はどうして自分に自信がないんだい?」

ふみさと「ボクはちゃんと現実が見えてるんだ、」
ふみさと「ボクにできること、できないこと、なんて大体わかるもん」
ふみさと「やる前からできないってわかっているのに、『やればできる』なんて思えないでしょ?」

キリギリス先生「ふみさと君に見えているのは、本当に『現実』なのかな?」

ふみさと「どういうこと?」

キリギリス先生「ふみさと君が見ているのは、『今ここにいるふみさと』?」

ふみさと「え・・・?」
ふみさと「そうだよ?」

キリギリス先生「昔、やろうとしたけどできなかった『過去のふみさと君』や、」
キリギリス先生「どうせやってもできない、想像の中にいる『未来のふみさと君』じゃなくて?」

ふみさと「過去とか未来とか・・・そんなの自信とどう関係があるの?」

ふみさと「過去のボクでも、未来のボクでも、同じじゃないの?」
ふみさと「ボクにできないことを、無理やり『やればできる』なんて思うことはできないよ」

キリギリス先生「でも、過去や未来のふみさと君は、ふみさと君の頭の中にしかいないよね?」
キリギリス先生「『今ここにいるふみさと君』と、頭の中にある『想像』もどっちも同じ『現実』なの?」

ふみさと「『想像』と『現実』は別だけど・・・」

続きを読む

「行動しろ」「行動しろ」・・・それでもできない理由

先生


ふみさと「先生、成功本とか・・・アフィリエイト教材でもそうだけど・・・」
ふみさと「よく、『行動しろ!』って書かれているんだ」

キリギリス先生「そうだね、行動することは大切だから、」
キリギリス先生「そういうアドバイスはいろんなところで見られるね」

ふみさと「ボクも、『行動が大切』なのは分かるんだ」
ふみさと「自分が行動しないと何も変わらないし、」
ふみさと「考えているだけで思ったことが実現しないこともわかってる」

キリギリス先生「そうだね、思っただけで何でもできる・・・なんてことはないよね」
キリギリス先生「ほしいものは自分で手に入れないといけないし」
キリギリス先生「行きたい場所は自分の足で行かないといけないね」

ふみさと「行動できないんだ・・・」

キリギリス先生「どうして?」

ふみさと「分からないんだ、『大切だ』なのは分かっているのに、」
ふみさと「どういうわけか行動できなかったあり、行動しても続かなかったりするんだ」

キリギリス先生「ふみさと君はどうして行動するの?」

ふみさと「自分の望みをかなえるために必要だから」

キリギリス先生「『行動する理由』をもうちょっと、細かく見ていこうか」


続きを読む

部下の「考える力」を育てる・有能なリーダーと無能なリーダー

説教.jpg


ラット上司「さっきの評価結果、なんで予想と違う結果になったか分かった?」

ふみさと「分かりません」

ラット上司「分かりませんじゃねぇよ!ちゃんと頭使って考えろ!」

ふみさと「考えているけど分かりません」

ラット上司「俺が一から十まで全部説明していたら仕事になんねねぇだろうが!」
ラット上司「オマエには俺がいなくても仕事できるようになってもらわないと困るだろ!」
ラット上司「もっと真面目に考えろよ!」
ラット上司「オマエには『必ず解決してやる』って気持ちが足りないから何も思いつかないんだ」
ラット上司「『絶対に解決する』つもりでもっと真面目に考えろ!」

ふみさと「・・・」








sennsei - コピー.jpg


ふみさと「先生、上司から『考えろ』『考えろ』って言われるけど」
ふみさと「『考えろ』なんて言われても、ボクは『考えているのに分からない』んだ」
ふみさと「上司が何を期待しているのか分からないよ」
ふみさと「ボクはどうしたらいいの?」

キリギリス先生「たぶんその上司は『部下に考えさせる』のを何か勘違いしているんじゃないかな?」

ふみさと「勘違いって?」

キリギリス先生「よく、『部下を成長させるのは部下に考えさせる上司だ』なんていわれているから」
キリギリス先生「ただその言葉を鵜呑みにして、部下に『考えろ』と言いつける上司がいるけど・・・」

キリギリス先生「上司がやるべきことは単純に『部下に答えを教えない』だけではなくて」
キリギリス先生「『答えを教えず』に『部下を答えに導く』ことなんだ」

キリギリス先生「本来なら、上司のほうが部下以上に考える必要があるし、」
キリギリス先生「上司にものすごいコミュニケーション能力が求められる教育方法なんだけど・・・」

キリギリス先生「十分なコミュニケーション能力がない上司が、」
キリギリス先生「『部下を成長させるのは部下に考えさせる上司だ』という言葉だけを聴いて、」
キリギリス先生「うわべだけ『部下を成長させる優れた上司』になろうとしているだけじゃないかな?」

ふみさと「そんな上司を持ったら、ボクは何をすればいいの?」

キリギリス先生「本来の『部下を考えさせる』教育だと、上司が根気よく部下に教えて、」
キリギリス先生「時間をかけて部下を育てるものなんだけど・・・」

キリギリス先生「上司が勘違いしている以上、部下のほうが根気よく、」
キリギリス先生「時間をかけて上司を成長させてあげないといけないね」

続きを読む