心を軽くする - アフィリエイトで脱サラ (ニートが月15万円稼ぐブログ)

インフォメーション

オレ11.png オレ11.png
作成依頼受付中 【料金一覧】イラスト、GIFアニメ、ブログパーツ
無料メールマガジン発行中 『ふみさと・自由人マガジン』登録ページ
挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

副業だから?副業だろうと?サラリーマンとビジネスマン

先生


ふみさと「先生、サラリーマンのことを『ビジネスマン』って呼んだりすることがあるけど・・・」
ふみさと「サラリーマンってビジネスマンなの?そもそもビジネスマンって何?」

キリギリス先生「ビジネスマンに当てはまるサラリーマンと、」
キリギリス先生「ビジネスマンに当てはまらないサラリーマンがいるね」

キリギリス先生「ビジネスマンは、その名のとおり、ビジネスをしている人のことだよ」

キリギリス先生「サラリーマンかどうかに関係なく、」
キリギリス先生「ビジネスをしていればビジネスマンだね」

ふみさと「ビジネスをしている人?」

キリギリス先生「お客さんに価値を提供することでお金を稼いでいる人のことだね」
キリギリス先生「上司や会社を『お客さん』としてとらえている人なら、」
キリギリス先生「会社に務めていても、やっていることはビジネスだね」

ふみさと「上司や会社に価値を提供するなら、サラリーマンは全員ビジネスマンなんじゃないの?」

キリギリス先生「工場の『作業マシン』をビジネスマンと呼ばないよね?」
キリギリス先生「作業マシンは決められた仕事をこなすだけで、」
キリギリス先生「それが価値を提供しているかどうかなんてマシンは知らないからね」

キリギリス先生「上司や会社のいいなりになって、」
キリギリス先生「言われたとおり作業をするだけの人は、サラリーマンだけれどビジネスマンではないね」

ふみさと「たとえ自覚していなくても、価値は提供しているんでしょう?」
ふみさと「価値を提供しているなら、ビジネスマンなんじゃないの?」

キリギリス先生「自覚していないから、自分が提供できる価値をもっと大きくすることもできないんだ」

キリギリス先生「自分が提供できるはずの価値を無視して、」
キリギリス先生「会社から出される給料分の価値を、会社に言われるまま提供しているのは、」
キリギリス先生「ビジネスマンではないね」

キリギリス先生「ビジネスマンは、自分がお客さんに提供できる価値をより大きくして」
キリギリス先生「価値を提供することでお金を得る人のことを言うから、」

キリギリス先生「決められた時間決められた作業をして、作業時間に対してお金をもらう人」
キリギリス先生「そういう人のことをビジネスマンとは呼ばないよ」
続きを読む

ハングリー精神って何?必要?

先生


ふみさと「先生、最近の若者はハングリー精神が足りないの?」

キリギリス先生「昔に比べるとハングリー精神が少ないんだろうけれど・・・」
キリギリス先生「今の時代、ハングリー精神はそこまで必要じゃないから、」
キリギリス先生「十分に足りているんじゃないかな?」

キリギリス先生「需要と供給の関係があるから、」
キリギリス先生「昔と比べて少なくなったからといって、」
キリギリス先生「需要の減少にあわせて供給が減っているだけなら、」
キリギリス先生「『足りない』ってことはないね」

ふみさと「うーん・・・」
ふみさと「じゃあ、『ハングリー精神』って・・・結局、なに?」

キリギリス先生「『大人たちに都合が良い若者』を表現するときや、」
キリギリス先生「大人たちが『最近の若者批判』をするときに使われる『ハングリー精神』と」

キリギリス先生「英語の本来の意味での『ハングリー精神』は、」
キリギリス先生「同じ言葉でも意味が違ってくるからややこしいけれど・・・」


続きを読む

行動できないときは・・・(恐怖についての話)

先生


ふみさと「先生、前々回の話で、『行動できないのは恐いからだ』って言ってたけど、」
ふみさと「恐怖心って、自分の意志でどうにかなるようなものじゃないでしょ?」
ふみさと「どんなに『行動が大切』って思っていても、恐怖が消えなくて行動できないんじゃないの?」

キリギリス先生「確かに、『恐怖心』は自分の意志でどうにかできるものではないね」
キリギリス先生「だけど、自分の意志を使って『あること』をすると、恐怖心をコントロールできるんだ」

ふみさと「あること?」
ふみさと「あることって、一体なんなの?」

キリギリス先生「『行動』だよ」

ふみさと「先生、ボクは今、『行動できないから困っている』っていう話をしているんだ」
ふみさと「『行動』できないんだから『恐怖』もコントロールできないじゃないか」

キリギリス先生「そのとおり、でも、この話には続きがあるんだ」

続きを読む