「無料の教材」と「有料の教材」その2 - アフィリエイトで脱サラ (ニートが月15万円稼ぐブログ)

インフォメーション

オレ11.png オレ11.png
作成依頼受付中 【料金一覧】イラスト、GIFアニメ、ブログパーツ
無料メールマガジン発行中 『ふみさと・自由人マガジン』登録ページ
挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

「無料の教材」と「有料の教材」その2

「無料の教材」と「有料の教材」その1のつづき

その1を読んでいない人はサクッと読んで
コメント書いてきてから続きを読んでみるいいかも?









その1のコメントにはなんて書きました?


もしかしたら、何も書いていない人もいるかもしれません
きっと何もコメントを書いていない人は

「無料」のほうを選ぶ人なのでしょう
そして、この先の記事を読んでも、
たぶん「無料のほうがいい」という考えが変わることはないと思います



それではつづき


アフィリエイトなど、
「学習」に関係する教材やセミナー

「まったく同じ内容」で「有料」のものと「無料」のものがあったら・・・
あなたはどちらを選ぶでしょう?


「手にはいるものが同じ」なら、「無料」のほうがいいに決まっていますよね?


手にはいるものが同じなら・・・ね?





思わせぶりなことを書いているけど・・・


「まったく同じ内容」っていう条件なんだから、
違うのは「有料」か「無料」かだけで手にはいるものは同じはずじゃないか!


確かに売っているものは同じです


それが教材であれば、
教材に「書いてあること」も
教材の中にある「動画などのコンテンツ」も
教材を進める上で受けることができる「メールサポートのようなサービス」も同じ


それがセミナーであれば
「セミナーの会場」も、
「ステージ上で話す人」も、
「ステージ上で話す内容」も、
「セミナー中にスクリーンに映し出されるスライド」も同じ


ただ、「無料」なのか「有料」なのかが違うだけ
それだけの違いしかナイトに、


「手に入れるもの」が違うってどういうこと?

「有料」のほうを選ぶ人には
「無料」を選ぶ人には見えないものが見えているから、
お金を出してその「有料の人だけに見えているもの」を買います


「有料の人だけに見えているもの」を考えるには、

セミナーのほうが分かりやすいですかね?

「セミナーの会場」も、
「ステージ上で話す人」も、
「ステージ上で話す内容」も、
「セミナー中にスクリーンに映し出されるスライド」も同じ

ただ、「無料」と「有料」がたがうだけで
「手にはいるもの」の一体何が変わるのでしょうか?

  ・


  ・


  ・


考えてみました?


   ・


   ・


   ・


「セミナーの会場」も、
「ステージ上で話す人」も、
「ステージ上で話す内容」も、
「セミナー中にスクリーンに映し出されるスライド」も同じ

それらを全部まとめると
「ステージの上は同じ」になりますよね?

ステージの上は同じ・・・
ということは・・・

違うのは?


  ・


  ・


  ・


ステージの下

つまり、セミナーを聴いているお客さんが違う


・・・


・・・


・・・



え?


確かに違うけど、

セミナーで聞く話の内容は同じなんだから「手にはいるものも同じ」はずでしょ

「お客さん」は手に入らないんだから、
例え「お客さん」が違っても手にはいるものは変わらないんじゃないの?


「無料を選ぶ人には見えていないもの」



「セミナーに参加する価値」はどこにあるでしょう?

ステージの上に立っている人が話している内容も、もちろんそうですね?
「セミナーに参加する価値」です


「無料のセミナー」を選ぶ人にも
「有料のセミナー」を選ぶ人にも
どちらの人にも「見えている価値」です



セミナーに参加したなら、
他の参加者とも交流をしたほうが良い


とか、

もしかしたらもっと過激な表現の

他の参加者やセミナー講師と交流しないなら
セミナーの参加費をドブに捨てているようなものだ!


とか、


そういう話を聞いたことがありますかね?


たぶん「無料のセミナーを選ぶ人」は

話は聴いたことがあっても、
聞いたときには確かにそのとおりだ!と思ったまま、その話をスルーしているかもしれません


他の参加者との交流に対して
「そんなに価値があるようには思えない」

別の言い方をすれば「価値が見えない」


アフィリエイトも「ビジネス」の中のひとつで
「初期投資の額が小さい」からといって、適当にやっても稼げるわけではないですよね?


適当でも稼げる「ビジネス」は、世の中にはほとんどないですね?
適当にやっていると、「ライバル」が現れて、お客さんを持っていってしまうから・・・

「アフィリエイト」も例外ではないです



「ビジネス」をやる上で「仲間」という存在が大きな影響力を持っている
ことは理解できますよね?


直接的なメリットは、

ビジネスをする上で、
自分が得意なことを2人分やる変わりに
自分が苦手なことを2人分やってくれる仲間がいれば、

自分は得意なことに専念できるので、結果を出しやすい



間接的にもメリットがあって、

「自分の得意なこと」を仲間が知ってくれていれば、
その仲間とは、直接「やってあげる」「やってもらう」ような関係ではなくても

仲間が「自分(の特技)を必要としている人」を見つけたときに、
自分のことをその人に紹介してくれる


同じ「ビジネス」をする「仲間」と、
一緒にいる時間を過ごすだけでも効果があります


メトロノーム同期実験の動画ですね




人間は無自覚でも近くにいる人の影響を受けるので、
「ビジネス」をしている仲間の近くにいるだけで、
自分も「ビジネス」をするときに良い影響を受けることができます




「有料のセミナー」を選ぶ人にとっては、
「セミナーの内容」ももちろん「セミナーの価値」ですが、

それと同じか、それ以上に、

「自分以外のセミナー参加者」も価値があるものです。

「ビジネスをしていく上での仲間を探す」のはもちろん

「自分が何ができるのかを知ってもらう」だけでも、
それを必要としている人を見かけたときに紹介してもらえる可能性がある


で・・・

「ビジネス」をしていく上で、
「仲間」に出会える可能性、


「無料のセミナー」に集まったお客さんと、
無料のがあるにもかかわらず、あえて「有料のセミナー」に参加したお客さん

どちらのほうが可能性が高いでしょう?



「無料で良い話が聞けてラッキー」というたくさんのお客さんの中から、
頑張って探し出せば、「仲間」に出会えるかもしれませんが・・・


セミナー参加者のほとんどが「他の参加者に興味を示さない中」で、
自分だけ、「他の参加者に声をかけて回る」ことができますかね?

仲間候補に出会っても、
周りのほとんどの人が「他の参加者に興味を示さない中」で、
あなただけ「他の参加者に声をかけて回る」と、

あなたは他の参加者の人の目にはどう映るでしょう?
「なんでこの人、他の参加者に話しかけて回っているの?」


せっかくあなたが勇気を出して声をかけて回っても、
そういう雰囲気ではない中で
あなただけしかやっていなければ、
目立ってしまって怪しまれるかもしれません


「有料」を選ぶ理由は、「仲間を捜している人」が集まりやすいからですね

自分以外にも「他の参加者に声をかける人」がたくさんいれば、
それが当たり前の雰囲気になるので、あなただけが目立って怪しまれることもないですし、

自分で声をかける勇気がなくても、
他の人から声をかけてもらえる可能性もあります




同じ内容のセミナーなはずなのに、
有料にしたセミナーだけ結果を出す人の割合が多くなる



とか、

同じ教材なのに、
無料で渡したときは誰も結果を出せずに途中で挫折したのに、
同じ内容で、有料に下だけで結果を出せる人が増えた


とか、

そんな不思議な話を聞いたことがあるでしょうか?
同じ内容なら無料でも結果が出ないとおかしい




別におかしくはないんです
無料のほうにとびつく人には見えていないものが有料のほうにはあるので、

しかも有料にしただけで
「無料を選ぶ人には見えない価値」が生まれるので、おかしく見えてしまうだけですね


ビジネスを「一緒にやる人」って、
結果を出す上では結構重要なんですよ?

同じビジネスをする人というせまい意味のほかに、

ビジネスで直接のやり取りはなくても
メトロノームのように影響し合えるだけの仲間みたいな広い意味での「一緒にやる人」も
その存在は重要なんです



無料で配っていた教材やセミナーを、
そのまま有料にしただけで結果を出せる教材やセミナーに変えてしまうくらいに





セミナーは分かるけど、
アフィリエイトの教材は関係ないんじゃないの?



アフィリエイトの教材の中にも、
同じ教材で勉強している人同士が質問しあえるコミュニティが用意されているものがあります



「ディスカバリーアカデミー」という教材にも
「放課後の集い」というフェイスブックグループがあります



そのコミュニティに書き込む(情報発信する)人は、
当然、その教材を手に入れた人なので、


無料の教材に飛びつく人が集まるコミュニティと、
有料の教材を選ぶことができる人が集まるコミュニティでは、

そのサービスがあなたに与える影響も変わってきます

セミナー会場で声をかけたりかけられたりするときの「雰囲気」が
そのまま「教材のコミュニティ」という場面にもにも現れます


そもそも「無料」の教材には
「そういったコミュニティ」を教材の
サービスの1つとして用意していない場合も多いですし

「無料で手に入れてラッキー」という人ばかりだと、
サービスがあったところで機能しないでしょうしね(−−;)




「一緒に勉強する仲間」

あなたには、どれくらい価値があるように見えますかね?



もしかしたら
「仲間」がいれば、「ビジネスでも孤独にならずにすむから挫折しにくい」程度にしか、
価値を感じていないかもしれませんね?


まったく同じ内容の教材

一方は「無料」で手に入り、
もう一方は「有料」で手に入ります


では・・・


あなたが手に入れるのは「有料」「無料」どちらの教材でしょう?


Alice.PNG 挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

"実用重視"の「ふみさとオリジナル特典」つきで販売中
【特典1】「イラスト&GIFアニメ」オーダーメイド
【特典2】自分の言葉で文章を書くマニュアル
【特典3】購入者限定メルマガ「ウザくないサークル」
もっと詳しく
この記事へのコメント
無料はしょせん無料で
タダっていう気持ちで聞くから頭にはいらない
有料だとお金かかってるというケチ心がでて
すこしでも頭にいれようとメモをとったりします
でも世の中無料にとびつく人が多いんですよね
Posted by きょろ at 2017年08月14日 16:22
こんにちは。

確かに無料で教材が手に入ったりやセミナーに参加できるというのは初心者で全くなんの知識ももたずに漠然とやってみようと思ってる人はすぐに飛び付きますよね…
実際、私もアフィリエイトを始めたばかりのときはとにかく無料で手にはいるものを探してました…

でも、所詮、無料は無料…

本格的に本心からやってみようと思っているのではなく、ただの興味本位でやってみようと思っているだけにすぎないんですよね〜
本格的にやるなら、同じ内容でも有料の方を購入したり参加した方が、心構えも変わってきますね…
お金を出しているのだから、何かしら得ようと真面目に学べるし、そういう人達が集まっている場なら、交流をして利益になる情報をお互いに共有しあうこともできますね。

同じ内容でも、無料と有料っていうだけで価値が変わってくるのは面白いですね。
Posted by sa-chi at 2017年08月16日 10:19
> きょろ さん

いつもコメントありがとうございます(^^)

「しょせん無料」って書くと、
「無料であることが原因」のように聞こえてしまいますね(^^;)

有料だったら見向きもしてないはずなので、
「無料の教材」自体も、その人の役に立っているはずなんですけどね


「タダって気持ちで聞く」のも、
「ケチ心でまじめに聞く」のも、


それは聞いている人の都合でしかないので、
(聞いている側が自分でどうにでもできるのに、何もしていないだけ)

見向きもされず、何の影響も与えなかった「有料教材」よりも、

「タダって気持ち」とはいえ、
その人の耳に届いて、少なからず影響を与えた「無料教材」のほうが、

聞いた人にとっては「優秀な教材」であることには変わらないですね

「見向きされない」教材なんて、何も意味がないですしね(^^;)



ビジネスを行ううえでの「仲間を見つける」ことを
目的としている人からすると、

「タダっていう気持ちで聞く」人までたくさん集めてしまう
「無料教材」よりも、

ビジネスに対して「まじめに取り組もう」としている人たちだけを
集めてくれる「ある種のフィルターみたいなもの」は
「有料」に対して「支払った金額以上の価値」があるということですね


「自分が取り組む姿勢」は自分でどうにかできますが、

まわりに集まる人は他人なので、
それを操るのは「自分だけの力」でどうにかするのは難しいので、

(「他人を変える」より「自分を変える」ほうが簡単)



あなたは、
「無料を選ぶ」か「有料を選ぶ」かという質問は、


そのまま、あなたは、
「タダで良い影響を得たいだけの人」ですか?
「ビジネスの仲間の大切さを理解している人」ですか?

という質問になっているっていう話ですね

Posted by ふみさと@管理人 at 2017年08月16日 16:31
> sa-chi さん
コメントありがとうございます


ビジネスに対する意識の「成長度合い」によって、


「無料の教材が優秀」な時期もあれば、

自分が成長したことで、
「有料の教材が優秀」な時期もあるっているだけです



今のsa-chiさんが、「でも、所詮、無料は無料…」と思えるのも、

それはsa-chiさんが成長したからですし、

sa-chiさんが成長できたのは、

今となっては「所詮」と思える
「無料で手にはいるもの」のおかげなのかもしれません


「有料のもの」しかなかったら
ビジネスなんて「興味を持たなかった」かもしれないですしね?



自分の周りの人を「成長した人」で固めると、
「自分の成長も早くなる」という「価値を理解できる」のは、



「とにかく無料で手にはいるものを探して」いた時期に、
自分と同じような思考の人に囲まれて、

周囲の人たちの影響を受けて、
なかなか動きにくい、結果が出しにくい体験をしたからですよね?
Posted by ふみさと@管理人 at 2017年08月16日 16:46
はじめまして。
アフィリエイトを始めようと勉強中です。
無料で! 有料で! そうですね。無料で手に入る!というインパクトは確かに大きいでしょうね。目に見えない物に金を払うか!という話がありましたが、欧米比べるとまだ、国内ではその傾向が残ってます。そんなことを考えながら読ませてもらいました。「見えない物が見えている人」その通りだと思います。
無料か有料か・・・有料を選択するといっても、ほんとにこれで大丈夫か?という疑念はやっぱり残りますね。特に新しい事を始めるときの、お誘いが多くて、素晴らしいお話を聞かせて頂いて、不都合などが全くない・・・こういったものもどれを選ぶかという自分の目を養うことができたらいいのですけど。まだまだ先の事でしょうね。
始めて訪問して、初のコメントですけど、失礼になってないか心配ですけど・・・ありがとうございました。
Posted by haruto at 2017年08月20日 16:34
こんばんは。
ブログランキングから来ました。
「無料」か「有料」どちらを選ぶとなると、有料のリスクを避けるために「無料」に行っちゃいます。
でも、全くリスクがないと真剣に実践する事も少ないと思います。
最初は悩みます・・・
応援して帰ります。


Posted by totochan(ととちゃん) at 2017年08月21日 21:21
> haruto さん

コメントありがとうございます(^^)

>>特に新しい事を始めるときの、お誘いが多くて、
>>素晴らしいお話を聞かせて頂いて、不都合などが全くない・・・
>>こういったものもどれを選ぶかという自分の目を養うことが
>>できたらいいのですけど。

目を養わなくても

『不都合がまったくない』『素晴らしいお話』のお誘いだったら、
片っ端から受ければいいと思いますが・・・



そんな、『不都合がまったくない』お話なんてあるんですね(^^)

ボクは「稼げる系の教材」のお誘いメールの詐欺でしか、
そういうお話を見たことはないので、うらやましいです(^^;)

なので、

詐欺ではない『不都合がまったくない』お話は

ボクからすると
おとぎばなしの世界にでてくる【バカには見えない服】のように
感じてしまいますね


青いシマシマの【バカには見えない服】
赤い水玉の【バカには見えない服】
白黒のゼブラ柄の【バカには見えない服】
ピンク一色で無地の【バカには見えない服】

確かに、色も柄もいろいろあって、
どれを選ぶか、迷ってしまいますね(^^;)



まぁ、 haruto さんがどんなに迷って選んでも、


ボクはバカなので(笑)

【どの服を着ていても同じ】で、
haruto さんが裸で歩いているように見えるんですけどね
Posted by ふみさと@管理人 at 2017年08月22日 08:12
> ととちゃん さん

コメント&応援ありがとうございます(^^)

有料のリスクを避けたいけど、
リスクがないと真剣に実践しない


ボクがコメントを見る限りだと・・・
別に悩む必要ないですね

「無料の教材を真剣にやれば良い」だけの話に聞こえます


「無料だから」真剣にできない
「有料だから」真剣になれる

真剣になりたいだけなら
有料のを選ぶことにも意味があるかも知れませんが


有料無料どちらにも
「真剣にやれば結果がでる教材」もあれば、
「真剣にやっても結果がでない教材」もあるので、

どちらも
「適当にやれば結果がでない」ことが共通しているだけで


「真剣にやりさえすれば必ず結果がでる」わけでは
ないですしね(--;)



「無料だと真剣にやれない」ことに対して

お金を払ったっからという理由で「真剣」で挑んだとしても、
最初のうちは続けられるかもしれませんが

「結果がでるまで」その「真剣」が持たないですし、

結果が出るまでできないのであれば、
有料(真剣)でも無料(適当)でも関係ないですしね



「有料だったら真剣になれる」というのは、

あきらめるまでに長い時間がかかるか、短い時間で済むか
それだけの違いだと思いますよ(^^)
Posted by ふみさと@管理人 at 2017年08月22日 08:27

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー