「無料の教材」と「有料の教材」その1 - アフィリエイトで脱サラ (ニートが月15万円稼ぐブログ)

インフォメーション

オレ11.png オレ11.png
イラスト作成依頼受付中 【料金一覧】イラスト、GIFアニメ
無料メールマガジン発行中 『ふみさと・自由人マガジン』登録ページ
挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

「無料の教材」と「有料の教材」その1

「アフィリエイトをやりたい!」
そう思ったときに、まず最初にやることは?

そもそも「アフィリエイトについて知っている人」なら
ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録して、アフィリエイトリンクを取得する
それが「最初にやること」になりますが



まったくアフィリエイトについて知らず・・・
何か副業をしたい(お金を稼ぎたい)と思っていて、インターネットでいろいろ調べて

「アフィリエイトというものなら初期投資が少なくてはじめられそうだ」
それくらいの知識の人が「最初にやること」は、「教材を手に入れる」ことですね


どんな教材がいいだろう?

そう思って調べると、
「高額な教材」も、「安い教材」も、「無料の教材」もあります

では・・・

仮に「教材の中身がまったく同じ」

教材に「書いてあること」も
教材の中にある「動画などのコンテンツ」も
教材を進める上で受けることができる「メールサポートのようなサービス」も

まったく同じ教材が、

一方は「無料」で手にはいる
もう一方は「有料」で手にはいる
その時、

あなたはどちらの教材を手に入れるでしょう?











おそらく多くの人は「無料で手にはいる」ほうを選びますよね?


だって、
「まったく同じもの」が「有料」と「無料」で置いてあったら・・・
わざわざ「無料」で手に入るものを「有料」で買う意味がないです・・・




ですよね?



で、
今から少し違和感がある言葉を言います



「無料」と「有料」で売っている教材が「同じ教材」だったとして、
あなたが手に入れられるものが両方とも同じとは限らない

  ・


  ・


  ・


えっ???



別の言い方をします


売っている時点では
「無料」だろうが「有料」だろうが「同じ教材」です

お客さんが手に入れた時点で、
「手に入れた教材」は「無料」と「有料」では、「別のもの」になります

  ・

  ・

  ・


いやいや・・・
別の言い方をしても分からないよ






「教材」とか「セミナー」とか、

「教育してもらう」商品
買う側から言えば「学習する」ための商品

そういった場合の特殊な例です



他の商品やサービスが
「売ってるとき」は同じなのに、
「買った後」で有料のときと無料のときで、別物に変わるなんてことはあまりないですよね?

まぁ、
有料のものは「より大切に使おう」とするから、
使い方が違うせいで「壊れにくい」とかはあるかもしれませんが・・・



教材ではなく、「セミナー」の場合でも考えてみます


「セミナーの会場」も、
「ステージ上で話す人」も、
「ステージ上で話す内容」も、
「セミナー中にスクリーンに映し出されるスライド」も、

まったく同じセミナー

それを
「無料」で聴くことができるセミナーと
「有料」で聴くことができるセミナーがあるとします


どっちに参加しますか?

当然、さっきの教材のときと同じように
多くの人の答えは無料ですよね?


だって、
会場も、話す人も、話の内容も、スライドも同じなんだから
セミナーを聞いて「自分が得られるもの」は同じはず・・・

だったら、無料のほうがいいに決まっている




じゃあ・・・

世の中には「まったく同じ」ではないものの、

似たような内容、
似たようなコンテンツ、
似たようなサービスが受けられる

アフィリエイト教材が
「無料」で手に入れられたり、
「有料」で販売されていたりします




世の中には「まったく同じ」ではないものの、
似たような内容のセミナーが

「無料」で聴くことができたり
「有料」で参加するものがあったりします


無料のものがあるなら、
有料のほうはまったく売れないかというと・・・



そんなことはないですよね?


仮に「まったく同じ内容」だったとしても
無料のほうでは手に入らないものが有料のほうでは手にはいるからです



そのことを理解している人、理解できる人
もしくは、「自分のメンターが言うから」と素直に信じて有料のほうを選べる人


そういう人は有料のほうを買います

「有料」の教材やセミナーも売れます

たとえまったく同じ内容で無料のものがでまわっていても
「有料」の教材やセミナーも売れます


別の言い方をすれば、


「有料」のほうを選んでいる人は、
教材やセミナーに対してお金を払っているわけではありません


「有料」を選んだ人だけが手に入れられる何かに対してお金を払っています



さて・・・

今この記事を読んでいるあなた
「有料」と「無料」どちらを選ぶでしょう?

もし良かったらコメントに書いてみてください


たぶん、多くの人は、
「無料」のほうを選びますよね?


この記事ではまだ
売っている時点では「有料」だろうが「無料」だろうが同じなのに、
お客さんの手に渡った時点で「無料」と「有料」では別物になる

とか、

「有料のほうでしか手に入らない何か」とか、

それらの説明をしていないので、
記事を読む前と読んだ後で考えが変わることもないですよね?



もしも、「有料のほうを選ぶ」という人がいれば
その理由をコメントに書いてみてください

「無料」を選ぶ多くの人に見えていないものが
見えているのかもしれません



一応、ボクの答えでもある
「有料のほうでしか手に入らない何か」については次の記事で書きます


Alice.PNG 挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

"実用重視"の「ふみさとオリジナル特典」つきで販売中
【特典1】「イラスト&GIFアニメ」オーダーメイド
【特典2】自分の言葉で文章を書くマニュアル
【特典3】購入者限定メルマガ「ウザくないサークル」
もっと詳しく
この記事へのコメント
こんにちは。
有料でしか手に入らないもの・・・
次の記事が凄く気になります。
「本人のやる気」かしら・・
Posted by tonton at 2017年08月12日 13:46
> tonton さん

「やる気」というか、

「お金を払ったから、払ったぶんは取り戻そう」
という気持ちにはなりますね(^^)

たぶんいろんな人が思いついたと思いますし、
それも正解だと思います

でも・・・

一応、ボクの中では、「やる気」は「無料」でも
手に入れる方法はあると思っているので、

「ボクの答え」は別にありますよ〜

Posted by ふみさと@管理人 at 2017年08月16日 16:07

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー