『逃げてはいけない』という逃げ - アフィリエイトで脱サラ (ニートが月15万円稼ぐブログ)

インフォメーション

オレ11.png オレ11.png
イラスト作成依頼受付中 【料金一覧】イラスト、GIFアニメ
無料メールマガジン発行中 『ふみさと・自由人マガジン』登録ページ
挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

『逃げてはいけない』という逃げ


辛いこと苦しいことから逃げてはいけない
辛いことを乗り越えてこそ意味がある


おそらく、
日本人だったら1度くらいは耳にしたことがある言葉ですよね?

世界から日本という国を見ると、
日本人は「真面目で勤勉な国民」という評価をされます


日本人は
「苦痛に耐えるのが大好き」だけど「努力をあまりしたがらない」国民なので・・・




みたいに書くと、「日本人は努力家だろ?」と思う人もでてくると思うので、


「努力」を「苦痛に耐えること」だと勘違いしている国民と言ったほうが近いでしょうか?



「苦痛に耐えることこそが努力だ(という勘違い)」+「努力することはすばらしい」

上の2つが組み合わさって「苦痛に耐えることは美徳だ」という感覚を
もっている人が多いので(もちろん日本人全員ではないでしょうけど)


辛いこと苦しいことから逃げてはいけない
ということを言ったり聞いたりする機会が多いですよね?



ちなみに英語ではそういう苦痛に耐えるのが大好きな人のことを
「マゾヒスト」と言います

個性の1つではあるけれど、
特に「マゾヒストが美徳だ」という感覚はないですね?


ボクも、
「辛いこと苦しいことから逃げてはいけない」という言葉を聞かされたことはあります


小学校のときとか、

会社を辞めるときに
「ボクに会社を辞められたら困る」という上司から
「会社に残ったほうが良い」という説得を聞かされたときとか?



まぁ、ボクは日本人ですがマゾヒストではないので(どちらかというとサディスト寄り)、
特に心を動かされずに脱サラしたんですけどね?











一応、確認ですが・・・

「努力をすること」と「苦痛に耐えること」が必ずしもイコールではない
ことはわかりますよね?



例えば・・・
毎日、野球の練習をする

野球選手は「毎日の辛い練習を耐えた」からこそプロの野球選手になることができた
な〜んて「努力」について語る人がいますよね?

その道のプロになる人は「辛いこと」「苦しいこと」に耐えたからプロとして活躍できているんだ、
だからお前達も「勉強が辛いからといって逃げ出してはいけない」


なんで野球の話をしているのに、
急に勉強が引き合いに出されるのかは分かりませんが、

ボクは学校の先生にいわれたことがあります

まるで、本人の「それをやりたいかどうか」という気持ちなんかどうでも良くて、
「辛いこと、苦しいことに耐えること」にこそ「価値がある」みたいな言い方です


もしくは、
生徒は「勉強したがっている」のが当然だと決めてかかっているのかもしれませんし、
「勉強したくない」「勉強しても将来役に立たない」生徒のことを意図的に無視している
のかもしれませんね?




「野球が上手くなりたい」と思っている人と、
「野球に興味がない」と思っている人がいるとして、


野球に興味がない人が、
毎日野球の練習をさせられるといたら


それは、「努力をしている」ことになるでしょうか?

辛い練習に「耐えている」ことにはなりますよね?
へとへとになりながら、野球の練習をして・・・

野球の技術が向上したら褒められて・・・

でも・・・・
野球には興味がないので、
「技術が向上した事」によって得られるものがほとんどないですね?



野球に興味があって、
将来プロの野球選手を目指していて
「野球の技術が向上」することで得られるものがたくさんあるとしたら・・・

目標の「プロの野球選手になる」ことに近づくための毎日の練習だったら、

努力といえますね?


で・・・

人によっては、「毎日の練習」に対して、苦痛をまったく感じない人もいます
「努力」はしているけれど、「苦痛に耐える」ことはしていません



「失うもの」「得られるもの」を比較したときに、
「失うもの」よりも「得られるもの」のほうが大きければ、それは「努力」ですが・・・



「得られるもの」よりも「失うもの」のほうが大きいにもかかわらず、
失っても、失っても、苦痛に耐え続けるのは・・・


ただの無駄です、
努力でもなんでもないですが・・・



一応、日本人は「苦痛に耐えること」を「努力」だと思っているので、

無駄に「苦痛に耐える」だけのことを表す日本語に、
こんなものがありますね?

無駄な努力

「努力」は「得られるものが大きい」ときにしか当てはまらないので、

「無駄」だったら「努力」にはならないですし、
「無駄な努力」というのは本当は存在しないはずですが・・・




「失うもの」と「得られるもの」を比較したときに
『逃げてはいけない』と言って良いのは、

失うよりも得るものが大きい場合ですよね?


何でもかんでも
「辛いこと苦しいことから逃げてはいけない」と言っていたら、


「得る」よりも「失う」ものが多いときに、
ず〜〜〜〜っと、逃げないでに耐え続けていたら、

気付いたころには、失いすぎて何も残っていない・・・
なんて事も起こりますよね?


普通は、全部を失う前にどこかのタイミングで逃げ出すはずですが・・・




ボクは会社を辞めるときに、
仕事がつらいからと言って、仕事や会社から逃げるのはよくないことだ、

逃げても何も得られない、
辛いことに耐えてはじめて努力が報われるんだ・・・

みたいな事を上司から聞かされましたが
(頼んでもいないアドバイスって迷惑ですよね(−−;))




べつに、上司の言っていることは、「うそ」ではないですよね?

仕事がつらいからと言って、仕事や会社から逃げるのはよくないことだ、

もし仮に、
「得られるものが大きい」のに、「ほんの少し失う」ことを嫌がって
逃げ出すなら、それはもったいないことですよね?



逃げても何も得られない、

言うとおり、逃げてしまったら得るものはありません・・・
ただし、逃げてしまえば失わずに済むことのほうが重要な場合だってあります
「ほんの少しを得る」ために「たくさん失う」のは損ですよね?

時と場合によっては、
「ほんの少しを得る」ことよりも「たくさん失わない」ことのほうが大事なときもあります



辛いことに耐えてはじめて努力が報われるんだ・・・
得られるものがゼロではないので、「報われる」とも言えます

もしも、辛いことに耐えた結果、得られたものよりも失ったもののほうが大きかったら?
「失ったもの」を無視して、無邪気に「得られたもの」だけを見て喜ぶことができるでしょうか?
それは本当の意味で「報われる」ことですかね?






会社を続けようか、辞めてしまおうか悩んでいるときに、
「辛いこと、苦しいことから逃げてはいけない」と言われた場合、

その言葉は2つの意味を持ちます


一般的な意味のほうでは
「会社の中で起きた嫌なこと」から逃げてはいけない
ですかね?

会社を続けるべきだ!って意味です

残業が多いとか、
休日出勤が続いて精神も体もぼろぼろだとか、
仕事がきつくなってきたとか、
仕事の責任が重くなってプレッシャーに押しつぶされそうだとか
人間関係に不満があるとか、

「耐えていればそのうち過ぎ去ってくれる」苦痛だったら、
逃げずに耐えると言うのもひとつの手ですよね?

「忙しい時期」を乗り越えれば
定時で帰れるようになる見込みがあるとか、
代休を取れる見込みがあるとか、

今後、
仕事の内容が変わって楽な仕事にありつける見込みがあるとか、
まだ仕事に慣れていないからきついと感じるだけで、慣れれば楽になる仕事とか

プレッシャーを自分が勝手に感じているだけで、
周囲があからさまにプレッシャーをかけてこないのであれば、そのうち慣れることができるし、

人事異動で部署が変わる見込みがあって、人間関係の悩みが解消される見込みがあるとか



辛く苦しいことに耐えていれば、
そのうち改善されるなら、

「耐えなければいけない期間」と「会社員という安定した仕事」を比較して、
「失うもの」と「得られるもの」を比べて「耐える」という選択をする


「辛いこと、苦しいことから逃げてはいけない」と言われた場合、

もうひとつの意味は?


今後、ただ耐え続けていても、
「自分の人生が改善される」「自分の望む生活ができる」見込みがないのに、

「自分の人生を変えるための努力」から逃げて、現状維持に甘えるのはやめろ!っていう意味ですね?




「会社を辞めようかどうか悩んでいる」時点で、
自分の中で、「現状」は「得られるもの」よりも「失うもの」のほうが多いと感じているわけですね?


自分が何もしなくても、
ただ耐えていれば「現状」が改善してくれる場合には、「一時的な嫌なこと」から逃げるな!


自分が動かなければ、
「現状」が改善されない、場合によっては悪化するときは、「自分が行動すること」から逃げるな!





「会社を辞める」ことだけが「逃げる」じゃないですね?

「会社を辞めずに続けていく」こともまた「逃げる」です



「会社を辞めようかどうか悩んでいる」というのは、
「現状」が自分の中では「得るもの」よりも「失うもの」のほうが大きいと感じているということですね?
(※簡単に言えば「割に合わない」から辞めたい)


そこで、「会社を辞めずに続けていく」を選ぶのは、

じわじわと失っていく「現状」を維持するために
「自分から行動を起こして現状を打破する」ことから逃げていることですよね?



「現状維持して失っていく」ことを
自分の意志で決めたのなら

後から振り返っても、
アレは自分で決めたことだからと「失ったもの」を後悔しないでしょうけれど・・・



ただ、自分の上司だったり、
会社の人が、「辛い仕事から逃げてはいけない」と言っていたからという理由で、

他人の口からでた『逃げてはいけない』という言葉を鵜呑みにして
「自分の意志で決めること」から逃げると、

後から振り返ったときに、
「失ったもの」の大きさに後悔することになりますね

『逃げてはいけない』という逃げを行っただけで、
別に「何かに立ち向かった」わけではないので、



「自分の人生」や「自分の生活」をよりよくしていくための努力と、

苦痛に耐え続けることは別のものです


辛いこと苦しいことから逃げてはいけない

なんでもかんでも逃げないで耐えていればいいってものではないですよね?

やらなければいけないのは「耐えること」ではなくて「努力すること」ですよね?




もしかしたら、
今のあなたも、「辛いこと」、「苦しいこと」から逃げずに耐えているのかもしれません

それは、逃げずに耐えていれば、いつか改善されるものですか?
自分の意志で「逃げない」と決めたものですか?

逃げずに耐えることで
「得られるもの」はなんですか?
「失うもの」なんですか?



「別の何か」から逃げるために、
目の前の苦痛から逃げずに耐えているのかも知れません

「失ったもの」を振り返っても、後悔しない自信はありますか?

Alice.PNG 挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

"実用重視"の「ふみさとオリジナル特典」つきで販売中(9月30日まで割引)
【特典1】「イラスト&GIFアニメ」オーダーメイド
【特典2】自分の言葉で文章を書くマニュアル
【特典3】購入者限定メルマガ「ウザくないサークル」
もっと詳しく
この記事へのコメント
ふみさとさん、こんにちは。
自分も同じようなことを考えました。
会社をやめることは逃げることにはならないと思います。
おっしゃるとおりで、現状を変える努力をしているだけなんですよね。
立ち向かっているんです。
私にも経験がありますが、気持ちで逃げていればそれは逃げかもしれないですが、何かに挑戦するために辞めるのは逃げではないと思います。
相変わらず素晴らしい思考の言語化です。
ありがとうございました。
Posted by 蒼士 at 2017年04月22日 17:38
こんにちわ
小学生の息子が朝おなかがいたいといったとき(たぶんうそなんですけど)
「おまえはどうしたいの?」
と聞いてます。
本人が学校に行きたくないのなら行かなくていい。と行っています。
逃げ場はつくってあげたいんで。
Posted by きょろ at 2017年04月22日 22:39
ふみさとさん、こんにちは。
無駄な努力、無駄な時間、今考えれば、今までのこと、とても無駄だった時もありますね。
でも、それを教訓としてこれからはそのようなことがないようにしていきたいですね。
応援していきます。
Posted by トシカズ at 2017年04月23日 07:48
こんにちは。
はじめましてnutsといいます
ふみさとさんが書いていらっしゃること
分かります。

現状を変えていくということは勇気のいることだと思います。

素晴らしい文章だと思いました
ありがとうございます

nuts
Posted by nuts at 2017年04月23日 14:25

ふみさとさんこんにちは^^

しょへです。

全くの同意見です。


どうせ努力するんだったら
やりたくないことではなく
やりたいことで努力しなきゃだと思います。

やりたくない仕事を何十年も嫌々やる力があるならやりたいことに成功するまでチャレンジする力だって必ずあるはずですし。

日本人の仕事感が嫌いです・・

応援もしていきますね(`・ω・ )ゝ

Posted by しょへ at 2017年04月24日 14:23
> 蒼士 さん

いつもコメントありがとうございます(^^)


そもそも、会社員が会社を辞めることを

「逃げる」表現するのは、
上司とか、「会社に残る側」の勝手な言い分ですからね(−−;)


会社側からすると

安く使える人間がやめてしまうと、
今度は正当な対価を払って経験者を雇うか、
新人を教育するためにお金を使わないといけなくなるので、

罪悪感を煽ることでやめにくくするための言葉なんだと思います


会社員は、
「失うもの」に対して「得るもの」が少ないからやめるのだから、

本当に「やめられて困る」のなら、
待遇を改善して「失うもの」を減らすか、
報酬を増やして「得るもの」を増やすはずですが・・・


ボクがやめるときは、
上司は口では、「やめられたら困る」というものの、

待遇の話も報酬の話もなしで、
「会社を辞めても上手くはずない」とか、
「どこの会社だって同じようなものだ」とか、
「会社に残された人が以下に困るか」とか

どうでもいいことばかり言ってきましたね・・・


こっちは、そんなこと言われるまでも無く、

上司に「やめる」と切り出す前に、全部考えた上で
「得るものより失うもののほうが多い」から「辞める」と
結論を出しているので、

いまさら、ほじくり返されてもという感じでした(^^;)


上司の「ボクにやめられたら困る」は、
「優秀な人を破格の安値でこき使えなくなるのが困る」
という意味で、


「正当な報酬」を払うんだったら、
「ボクの代わり」はいくらでもいるから、

待遇や報酬を改善してまで引き止める気はなかったみたいですね



「逃げる」という表現で罪悪感を煽って、

コレまでどおりの「待遇」と「報酬」で、
引き止められたらラッキーとか思っていたんですかね?


そう考えると、ボクが逃げたのは、

「嫌な仕事から」というよりは、
「部下を奴隷としか思っていない上司から」ですかね?



「逃げる」なんてただの表現の違いでしかないので、
「逃げること」が「良い」か「悪い」なんかよりも


自分が今からしようとしている行動が
「逃げる」であれ「逃げない」であれ

「一体、何から?(what)」「どうして(why)」を
自分の頭で考えて決めることのほうが大事ですね

Posted by ふみさと@管理人 at 2017年04月25日 18:13
> きょろ さん

コメントありがとうございます(^^)



「おまえはどうしたいの?」

 ↑
「文字」で書くと同じでも、
声の出し方によっては、「逃げ道をふさぐ」言葉になる場合もありますね


ボクが子供だったころ、
母親に命令されて断れなかったのを思い出します

文字で書くと「質問」なんですが・・・

声のトーンや口調が、明らかに、
ボクが答えても良い「答え」を決めていて、

「逆の答えは許されない」っての感じの命令だったりして、

「質問」風に話しているけれど、
こちらに選択する権利(逃げ道)がなくて苦しかったです(^^;)



逃げ道を作って、
「子供の意志で選ばせる」ことって大事ですよね


子供のうちから「自分の意志で選択する」ことに慣れていないと、

大人になった後で、
逃げないといけない場面に遭遇しても、

「自分で選択する」ことができないで
なかなか逃げられなくて手遅れになってしまうこともあるので


Posted by ふみさと@管理人 at 2017年04月25日 18:26
> トシカズ さん

いつもコメント&応援ありがとうございます(^^)


アフィリエイターのいいところは、

「無駄な努力」「無駄な時間」でも、
「教訓にできる」だけマシなことですね

それをネタにして
ブログの記事にすることもできますしね(^^)



会社員をしている人だと
過去の「無駄な努力」に対して、
「あの時ああしていれば!」なんて後悔するばっかりで

なかなか「無駄にした時間」「無駄な努力」を
後から取り戻すのも難しいですしね(^^;)



会社から逃げようにも、
すでに「失ったもの」が多すぎて、逃げるに逃げられなかったり

Posted by ふみさと@管理人 at 2017年04月25日 18:36
> nuts さん

コメントありがとうございます


>>現状を変えていくということは勇気のいることだと思います。

そのとおりですね

会社を辞めようとしている社員に対して、
「辛いこと苦しいことから逃げてはいけない」と言ったら

会社を辞めた後に来るであろう辛いことや苦しいことに、
勇気を持って立ち向かえ!

って意味になって、
辞めていく人を勇気付けちゃいますもんね



会社員を引き止めたかったら、
本当は、「辛いことや苦しいことは、無理せず逃げなさい」
って言わないといけないですね(笑)



少なくとも、

引きとめようとしている人間に対して、
「辛いこと苦しいことから逃げてはいけない」と

矛盾したことを平気で言ってくる人からは
早いうちに逃げたほうが身のためですね(笑)
Posted by ふみさと@管理人 at 2017年04月25日 18:47
> しょへ さん

コメント&応援ありがとうございます


>>日本人の仕事感が嫌いです・・


昔(高度経済成長期だったころ)の日本では、

会社員を続けるだけで、

年功序列によって
務めていた年数に応じて昇給して、
仕事内容も部下に命令するだけの楽なものになっていって

「やりたくない仕事を何十年も嫌々やる」だけで、

それを我慢していれば、
「失ったもの」以上に「多くのものが得られる」と約束されていたので、


会社を辞めることは、
「多くを得られる」のに、
「ほんの少しを失う」ことを嫌がって
「逃げ出す」ことを意味していましたが・・・



今の日本では、

会社にいてもほとんど昇給が期待できない上に、
仕事の内容も日を追うごとに過酷になっていく中で、

やりたいことで努力しないで、
やりたくない仕事を何十年も嫌々やる事が「良い」とされる仕事感は
もう時代遅れですね


時代の変化に気付かないで、
いつまでも時代遅れの仕事感にとらわれているのは
頭の悪い上司だけにして

自分はさっさと「頭の悪い上司」から逃げ出すのが
正解かもしれませんね?
Posted by ふみさと@管理人 at 2017年04月25日 19:00

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー