今まで「寝不足」を軽く考えていましたが・・・ - アフィリエイトで脱サラ (ニートが月15万円稼ぐブログ)

インフォメーション

オレ11.png オレ11.png
作成依頼受付中 【料金一覧】イラスト、GIFアニメ、ブログパーツ
無料メールマガジン発行中 『ふみさと・自由人マガジン』登録ページ
挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

今まで「寝不足」を軽く考えていましたが・・・

睡眠は重要

そんなことボクに言われるまでも無くわかっていると思いますが・・・

これまで生きてきた経験の中で、
「十分に睡眠できたとき」と、「寝不足のとき」とでは、
普段の生活を満足に送れるかどうかが天と地ほどの差になったり、


テレビやインターネットや本などで
眠れない、十分な睡眠が取れないで起きる「病気」や「脳の障害」について知ったり、



「知識」や「自分の経験」から
「睡眠が重要」「生きていくうえでは不可欠」だということは理解していると思います


ボクも分かっていた・・・

つもりでした・・・

それでもサラリーマンのころは会社の上司に
夜遅くまで残業を(ほぼ強制的に)させられて

睡眠が生きていくうえで重農なのはわかっている・・・
でも、「会社員をしている以上仕方がない」と寝不足のまま働いていました・・・

分かったつもりになって
睡眠不足を軽く考えていたんですね(−−;)










「うつ病」って突然なるんですよ・・・
本当に、何の前触れも無く・・・



「やる気が出ない」とか、
「モチベーションが上がらない」とか、

これまでの生活で経験したことがあると思いますが・・・



ボクが実際にうつ病(正式な病名は「うつ状態」ですが)にかかる前は

「うつ」っていうのは
「やる気が出ない」「モチベーションが上がらない」が
もっと酷くなった状態のことだと思っていたんです


で・・・
実際かかってみるとまったく違うもので、


しかも、本当に突然来るんですね


いつもどおり朝起きて、
前日も夜遅くまで残業していて、寝不足で
「まだ眠い」なんて思いながら起きて


スーツを着て、革靴を履いて


駅までの道を歩いて、
家から駅の途中にある公園を通るときに

緑色の芝生の中、
日差しに照らされていかんにもポカポカしていそうなベンチをみて、

「あそこで寝たら気持ちいいんだろうな〜」と思いながら
駅に向かって歩いて、

東西線の通勤ラッシュの
電車に乗り込んで


これだけぎちぎちに人が詰まってると、
「寝不足で意識が飛んでも転ばなくてちょうどいい」なんて思いながら電車に乗って、


駅から会社のオフィスまで歩いて、

道の途中にある「寝たら気持ちよさそうなスポット」を
通り過ぎながら会社までたどり着いて、


運動不足はうつ病の原因になるからと、運動代わりに
12階にあるボクが働いているオフィスまで階段で上っていって

10階当たりになると、
体力的には余裕でも、
上司に朝、「今日一日何をするか」の報告をしなければいけないというプレッシャーで
階段を上る足取りが(精神的に)重くなって


で、いつもどおり自分の席について、
仕事の準備をして

上司に今日一日何をするのかの報告をして

いつもどおり「最悪のモチベーション」「全然やる気ない状態」で仕事を始めるんです

で・・・

何もかもがいつもどおりだと思っていたら、
突然、いつもと違うことに気がつくんですね

「頭が働かない」



頭を使って仕事をしよう
原子力再処理施設のシュミレーターの中で起きている「意味不明な現象」について解明しよう

そう思っていても、

頭がそれについて考えることができない


「やる気がない」とか「モチベーションが下がる」とは
明らかに別で



やろうと思っているのにできない



文章を読もうと思ったら、
「最初の一行目」から目を話すことができない状況です

「次の行」を読もうと思ったら、
さっきまで見ていた「1行目に書いてあった内容」を忘れてしまう



うつ病ですね〜


「やる気がない」とか「モチベーションが下がる」とは明らかに別モノなので
「気合」とか「根性」でどうにかなる代物ではないです



上司は「うつ」についての理解なんかないので

もっとやる気出せ!
たるんでるぞ!
仕事ができない?あまえるな!

なんていってきますけど


できないものはできないですしね(--;)


当時もなんとなくは気付いていたんです
「うつ」の原因は「寝不足」なんだろうな〜って、


何か特別「これだ!」って言う明確な原因があったわけじゃなくて、
「ず〜〜〜っと寝不足」な状態が続いていたから、

「それ以外に思い当たる原因がない」という理由で、寝不足が原因だと思っていました。



つい最近、
今まで「なんとなく」だった「うつの原因」が、
確信に変わる記事を見つけました


「寝不足な人ほど脳内に毒素がたまる」
睡眠の研究者が語った、眠りを大切にすべきもうひとつの理由



ボクたちの体の中に「何億個」もある細胞は、
エネルギーを消費して活動しています

エネルギーを消費して活動をすると、毒素や老廃物が出ます


自動車がエネルギー(ガソリン)を消費して
人や荷物を運ぶ(活動)と、排気ガス(老廃物・毒素)が出るみたいなものですね


脳以外の細胞は、「リンパ組織」を使って、細胞から「老廃物や毒素」を取り除いて、
血液で体の外に排泄する器官に運ぶんですが・・・


脳細胞には「リンパ組織」というものがなくて、
脳脊髄液(CSF)が脳細胞の「老廃物や毒素」を取り除く役割を果たすんですが・・・


リンパ組織と違って・・・

脳は活発に働いている間は、
脳脊髄液で「老廃物や毒素」を取り除くことができない構造になっていて、


「老廃物や毒素」を取り除くことができるのは眠っている間だけ


会社員当時、「うつ」になったときのボクは、
「寝不足」のまま「頭を使う仕事」をやり続けて・・・


一日、「頭を使う仕事」で脳に思いっきり活動をさせて「老廃物や毒素」を溜め込んだ後、
「老廃物や毒素」を取り除くための十分な睡眠をしないで、

寝不足のまま「老廃物や毒素」がまだ残っている状態

一日、「頭を使う仕事」で脳に思いっきり活動をさせて「老廃物や毒素」を溜め込んで、

今日一日でたまった「老廃物や毒素」を取り除くための十分な睡眠をしないで、
さらに前日取り除けなかった分の「老廃物や毒素」も残こったまま・・・


だんだんと脳内に「老廃物や毒素」が溜まっていく・・・


そう考えると、「頭が働かない」のも当然ですね



車のエンジンだって排気口をふさいで
排気ガスをエンジンの中に閉じ込めたら動かなくなりますよね?
(↑危ないから実際のエンジンではやらないでくださいね?)



ボクがかかった「うつ」は気持ちの問題じゃなくて
「脳の障害」なので、「気合い」や「やる気」でどうにかなる問題ではないですよね?



今まで寝不足によって
脳に貯めこんでしまった「老廃物や毒素」を、脳細胞から取り除いてあげないといけません


十分な睡眠時間を確保できるように
残業をしないで帰れる環境にしないといえません


ボクの上司は言っていました
「残業しない」なんてそんなの「あまえ」だ、「会社の仕事をなめている」


上司を説得している場合ではないですね
脳の中の「老廃物や毒素」は限界までたまってしまっているので、
一刻も早く睡眠をしないといけません


当時のボクが「なめていた」のは
上司の言う「会社の仕事」みたいなどうでもいいものでは無くて、
「睡眠不足の恐ろしさ」のほうです


当時のボクが「あまえていた」のは
「会社の上司」みたいなどうでもいい人に対してでは無くて、
「寝不足のままでも何も文句を言ってこない脳」に対してです



会社の上司から夜遅くまでの残業を強制されて、
次の日も「定時」の数十分前に会社にいて当然といわれて、

寝不足のまま毎日「頭を使う仕事」をさせられる、強制されるというのは・・・


毎日、ちょっとづつ、
脳に毒を流し込まれて、脳を毒に冒されて行くようなものだったんですね(−−;)


こう書くと「ハラスメント」どころか、
「拷問」や「虐待」をされているように聞こえますが・・・

「脳」からしたら、同じようなものですよね?


会社のために毎日一生懸命考えて、会社の問題を解決しようとして
「老廃物」や「毒素」がたまっていくのに、十分の取り除く(睡眠)時間を与えてもらえない

毎日毎日少しづつ「老廃物」や「毒素」がたまっていくことにかわりがないので



Alice.PNG 挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

"実用重視"の「ふみさとオリジナル特典」つきで販売中
【特典1】「イラスト&GIFアニメ」オーダーメイド
【特典2】自分の言葉で文章を書くマニュアル
【特典3】購入者限定メルマガ「ウザくないサークル」
もっと詳しく
この記事へのコメント
ふみさとさん、おはようございます。

記事の内容、すごく共感しました。
私も睡眠不足で仕事していて
うつ状態になりました。

当時は睡眠時間3時間くらいで
それ以上寝ると、
何か悪いことをしているみたいに
感じて、毎日睡眠時間削ってました。

毎日脳を拷問にかけていたんですね。

今はきちんと睡眠とるようにしています。
睡眠って、ほんと大事ですね。
安易に削ると大変なことになりますね。

応援完了しました。
Posted by ヤス at 2017年01月07日 10:04
ふみさとさん、こんばんは〜MONです。
この記事を読んでいつも
遅くまで起きている自分に
寝ないといけないと思いました。
最近嫁にもよく言われるので、
理想は11時には寝た方がよいと聞きましたが
小さい時から日が変わってから寝る癖が
ついてしまってます。
応援して帰りますね。
Posted by MON at 2017年01月08日 02:14
>ヤス さん

コメントありがとうございます(^^)


いくら仕事で「時間がない」ときでも
「睡眠時間」だけはちゃんと確保したほうがいいですよね

睡眠時間を削って仕事をしても、
「脳が正常に働いていない」状態なので、

ミスがあったり、効率が悪かったりして、
余計に「時間がない」状態を生み出して、
脳を拷問にかけ続けることになるだけなので・・・


先に睡眠をとって
「脳を正常な状態にしてから」作業したほうが、

寝ている間、「仕事をしていない時間」よりも
寝た後の「効率よく仕事をする時間」のほうが大きいので



なぜか日本の会社では、
「寝ること」に対して罪悪感を植えつけようとしますよね

「寝不足で働くことが正義」みたいな・・・
「寝不足」はただ非効率的なだけなのに

Posted by ふみさと@管理人 at 2017年01月08日 11:11
>MON さん

いつもコメント&応援ありがとうございます


「11時に寝たほうがいい」は、
「成長ホルモン」が出る時間に寝るようにするためとかですかね?


夜に早く寝るにこしたことはないですが・・・


もしも難しければ

脳の老廃物や毒素を取り除くためには
「睡眠時間」が確保できていればいいので・・・


夜更かしするのが癖になっているなら、

「朝寝坊をする」とか「昼寝する」とかで
睡眠時間を確保すれば解決しますね



あとは、
”脳が活動する”と毒素や老廃物がたまるので、


裏を返せば、
”脳があまり活動してなければ”
「毒素」や「老廃物」もあまり出ないので、


小さいときから
「あんまり眠らなくても大丈夫」というなら、

あまり頭を使わず(脳を活動させず)に
生活できる体質なのかもしれませんね?


Posted by ふみさと@管理人 at 2017年01月08日 11:22
ふみさとさん、こんにちは。

睡眠不足を怖いと思いました。
脳に毒素が溜まっていき、それは寝ている間だけ
取り除かれるということを知り、寝ることの大切さ
を改めて実感しました。

若いうちにと思っていましたが、できるだけ
寝るように心がけようと思います。

ありがとうございました。

それでは応援していきますね。
Posted by 蒼士 at 2017年01月08日 14:10
僕も慢性寝不足ですが、学生時代は3時間睡眠だったので、さすがに今はそれが難しく、5時間は寝ています。

記事を読ませていただき、睡眠の重要性を再確認させていただきました。

ありがとうございます。
Posted by Toshiya Oki at 2017年01月08日 15:12
>蒼士 さん

いつもコメント&応援ありがとうございます(^^)


>>若いうちにと思っていましたが、できるだけ
>>寝るように心がけようと思います。

若いうちに成功するために「脳が病気になった」ら、

せっかく成功したとしても、
それを楽しめなくなってしまって意味がないですもんね


それに、
どの道「睡眠時間」は確保しないといけないので、


「睡眠」を後回しにして、
頭が上手く働かないまま作業を進めるよりも、

「睡眠」を先にとってから
脳が万全の状態で効率よく作業したほうが


長い目で見たら作業スピードは上がって成功も早まりますしね

Posted by ふみさと@管理人 at 2017年01月09日 12:10
> Toshiya Oki さん

コメントありがとうございます


>>僕も慢性寝不足ですが、学生時代は3時間睡眠だったので、
>>さすがに今はそれが難しく、5時間は寝ています。


睡眠時間が5時間で足りるんですか!?
すごいですね(^^;)


しかも、学生時代は3時間睡眠だったんですね・・・

学生時代の睡眠不足の影響で、
睡眠時間が少なくても「脳に毒素や老廃物がたまらない」ように、
起きている間も「あまり脳が活動しなくなった」んですかね?


一般的には、
若いときのほうが睡眠時間が多く必要で、
年齢が高くなると睡眠時間が少なくて大丈夫らしいですが


この記事で睡眠に対する認識が変わったら、
生活スタイルも変わるかもしれないですね

Posted by ふみさと@管理人 at 2017年01月09日 12:30
ふみさとさん、こんばんは!

以前、勤務した時には睡眠不足で
朝起きれない、会社に行けばミスが増えて
とにかく悪循環の道へどんどんと・・・

思い出しました。
侮ってはいけませんね。
「寝だめはできない」とも言うので
健康であるためにも睡眠は大事ですね。
Posted by プラナ at 2017年01月10日 00:12
>プラナ さん

いつもコメントありがとうございます(^^)


睡眠不足だと色々なものがうまくいかなくなるのは、

ボク達は経験しているはずなんですが

本当に睡眠不足のせいなのか、
それとも別の原因があるのかの判断がつかないでせいで、

「睡眠不足」を侮ってしまいがちですよね


睡眠と脳の関係を考えると
「睡眠不足」が健康に与える影響はものすごく大きいので・・・


体が健康でいられるのは、
「体が正常になる」ように
脳が体のあちこちに「正しい指示」を送っているからなので、

脳のためにも体のためにも睡眠を大切にしたいですね


Posted by ふみさと@管理人 at 2017年01月10日 12:14
ふみさとさん、
さっちです。アフィリエイトビジネスをはじめてから、睡眠時間少なくなってました。

今は、頑張る時期だからと言い訳して、脳をいじめていたのですね。

脳を壊してしまったら、何のためにおフィリエイトを勉強しているのか?わかりませんね。

勉強になりました。ありがとうございます。
Posted by さっち at 2017年01月16日 00:50
>さっち さん

いつもコメントありがとうございます

「時間がない」時には、時間を捻出するために、
ついつい睡眠時間を削ってしまいますよね

それが一番「簡単だから」やってしまいますが、
「効率的かどうか」という基準でやっているわけではないので、



「今は頑張る時期」の「今」が、
体や脳に無理がくるよりも「短い期間」ならばいいですが・・


長い時間「頑張る時期」が必要なら
効率的ではないですね

「睡眠を削って時間を作る」のは、
続けていれば無理が来て、いつかはできなくなって、
無理した反動で余計に時間を失うことになるので・・・

「今よりももっと頑張らないといけない時期」が来たときに
無理をしたせいで頑張れなくなってしまったりもしますしね



他に時間を捻出するために
「無駄にしている時間」を探して削ったほうが効果が高い・・・


というのは、頭ではわかっていても、

切羽詰っているときに、
悠長に「無駄にしている時間」を探していられないと思うので、


時間に余裕があるときに

いざとなったら削り取れる、
「生活の中で無駄にしている時間」を探してみるのも
いいかもしれませんね


「無駄にしていた時間を有効活用する」なら
一度見つけてしまえば、今後の人生でいくらでも続けていけますしね

Posted by ふみさと@管理人 at 2017年01月16日 13:01
睡眠削っても効率は下がるだけですし、病気になったらすべてアウトです

とはいっても会社勤めの人はどうしようもないんでしょうね
Posted by toriko at 2017年01月17日 11:21
> toriko さん

コメントありがとうございます

>>会社勤めの人はどうしようもないんでしょうね

ボクが会社員だったころがそうですしね
「仕方がない」「どうしようもない」で「うつ状態」
になるまで寝不足を放置してました

「どうしようもない」なんてことはなくて、
睡眠を確保するやりよう自体はいくらでもあるんですが・・・

会社に洗脳されていて、
あるはずの「やりよう」が
まったく見えない状態にさせられてしまっているので・・・


会社に洗脳されてしまうと
「どうしようもない」ですね(−−;)
Posted by ふみさと@管理人 at 2017年01月19日 12:48

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー