日本式 自分を変える最強の食事(その2) - アフィリエイトで脱サラ (ニートが月15万円稼ぐブログ)

インフォメーション

オレ11.png オレ11.png
イラスト作成依頼受付中 【料金一覧】イラスト、GIFアニメ
無料メールマガジン発行中 『ふみさと・自由人マガジン』登録ページ
挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

日本式 自分を変える最強の食事(その2)

まさか続編を書くなんて思っていなかったですか?

ボクも思っていなかったです(笑)

「日本式 自分を変える最強の食事」とは、
タイトルは違いますが、すでにそれに相当する本はもうあるんですね・・・

しかも意外なところに



シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」が注目されているのは、

今までの「食事」関係の本では、
「ダイエット」とか「いかに痩せるか?」とかと主張して本を売っていたのに対して、

「パフォーマンスが最大化する」と言う主張で「食事法」を紹介したことですかね?


で・・・
ボクもなんとなく
日本式 自分を変える最強の食事」なんてタイトルで記事を書きましたが、


日本でも、「食事法」にする本はたくさん出版されているので
当然と言えば当然ですが・・・


「日本式 自分を変える最強の食事」に相当する本も探せばあるわけですね


で・・・

ボクの身近にもそういう本がありました

o0800045013560517906.jpg

お腹からやせる食べかた」って言うタイトルで、
思いっきり「痩せる」系の本で、「パフォーマンス」なんて言葉は表紙には出てませんが・・・


表紙をぺラッとめくって、
後ろのほうのカバーを見るとこんなことが書いてます

o0800045013560517926.jpg

↑ ↑ ↑

実は、お米は“世界で一番効く!”

お腹やせサプリ
食べる美容液
ストレスを消す栄養ドリンク

です!


仕事でも趣味でも、パフォーマンスが低下する原因のひとつに「ストレス」があります。

「趣味」「仕事」で、過度にストレスがかかったあと・・・
それから開放されたときに、急に「無気力」になってしまって、何もやる気が出なくて

パフォーマンスが低下してしまう・・・

すぐにストレスがなくなって回復すればいいのですが、
なかなか「無気力」から抜け出せずに、パフォーマンスが下がったまま・・・

この記事を読んでいる「あなた」も・・・
もしかしたら経験ありますかね?

「燃え尽き症候群」とか・・・

四月に「新生活」が始まって「新しい環境によるストレス」がかかった後、
五月ごろに「無気力」に襲われてしまう「五月病」とか・・・


もしも、ストレスが消える「食事法」があるなら
それはパフォーマンスを向上させる食事法ですよね?

ストレスを消す栄養ドリンク


さっき、ボクの身近にこの本があったと書きましたが、

一体どこにあったのかと言うと・・・



父親のお店です

父は「農家」のほかにも、
「健康食品を扱うお店」もやっているので、
「食事による健康法」の本がお店にいっぱいあるんですね・・・

今、父の稲作の情報発信をするためのサイトを作っていて、

アメブロの記事からコピー&ペーストしているんですが・・・
(↑↑SEO的には最悪ですね)


父がアメブロで本の紹介をする記事をコピペしているときに見つけた

それだけですね・・・


あとは・・・

前回の記事でもらったコメントを見て、

気になって、「シリコンバレー式・・・」の
著者のデイヴ・アスプリーさんのウィキペディアを見たら


アスプリーさんは、バレットプルーフと言う会社で、
コーヒーとか、油・オイルとか、サプリメントを販売している人らしい・・・


もしかして、「シリコンバレー式・・・」の本のなかで紹介している

食事が実践しにくいのって
バレットプルーフで売っている商品を買ってもらうためだったりするのか?


もしも「自分で作った商品」をオススメしていいなら、

「日本式 自分を変える最強の食事」はもっと簡単に書くことができますね

o0800045013560517926.jpg

↑ ↑ ↑

実は、お米は“世界で一番効く!”

お腹やせサプリ
食べる美容液
ストレスを消す栄養ドリンク

です!

「お米」は「シリコンバレー」では手に入りにくいけれど、
「日本」では手に入りやすい食材ですね?


もちろん、
日本に住んでいれば、結構な量の「お米」はすでに食べているはずなので、
このまま、何も食事を変えなくていいのか?と言うと・・・

そういうわけではないですね?
「体にいいお米」を食べないといけない・・・

じゃあ・・・「どんなお米」がいいのか?


▼ クリックで展開



Alice.PNG 挫折しないネットビジネス教材 「ディスカバリーアカデミー」

"実用重視"の「ふみさとオリジナル特典」つきで販売中(9月30日まで割引)
【特典1】「イラスト&GIFアニメ」オーダーメイド
【特典2】自分の言葉で文章を書くマニュアル
【特典3】購入者限定メルマガ「ウザくないサークル」
もっと詳しく
この記事へのコメント
こんばんは。

totochan(ととちゃん)ともうします。


ブログランキングから来ました。


お米に凄い力があったんですね。

お米万歳です。

勉強になりました。

ありがとうございます。


応援の方も完了です。
Posted by totochan(ととちゃん) at 2016年04月27日 18:47
>totochanさん

いつもコメント&応援ありがとうございます

普段何気なく食べてますが、「健康」を考えるとこれ以上ないくらいの食べ物です(^^)
Posted by ふみさと@管理人 at 2016年04月30日 08:55
ふみさとさん、こんにちは。

いつもありがとうございます。

お米が一番いいとは思っていなかったです。

どの本にもお米は控えたほうがいいと書かれているものばかりなので意外でした。

積極的にとっていきたいですね。

応援して帰ります。
Posted by ryouji at 2016年04月30日 16:25
こんにちは、蒼士です。

お米は日本人なら毎日食べますね。
でも、お米にもピンからキリまでありますので、いいものを食べたいですね。
ぜひ、ふみさとさんところのお米を食べてみたいと思います。
ありがとうございました。
応援していきますね。
Posted by 蒼士(aoshi) at 2016年04月30日 22:01
炭水化物抜きダイエットが流行ったりしましたが
お米の力は偉大ですね。
応援します!
Posted by miya at 2016年05月01日 13:43
>ryouji さん

いつもコメント&応援ありがとうございます。

『お米』と、ほかの『炭水化物』を一緒にまとめて扱っている本だと、

炭水化物のとりすぎが「肥満」の原因だから、炭水化物は少なくした方がいい・・・

みたいな主張で書いていたりしますね

実際は炭水化物すべてがダメではなくて、食べた後の血糖値の上昇の仕方が急になる食べ物が「肥満」の原因なので、

お米のように、炭水化物であっても、血糖値の上昇が緩やかなものは、食べた方が肥満になりにくいのですが・・・

多分、そこら辺が複雑なので、伝わっていく過程で勘違いが広まったんですね
Posted by ふみさと@管理人 at 2016年05月01日 19:29
>aoshi さん

いつもコメント&応援ありがとうございます
漢字だとそう書くんですね

確かにお米はいいものを食べたいですよね(^^)

でも、ボクのところのお米は、一度その味を知ってしまうと、ほかのお米を食べられなくなるので、

興味本位ならやめておいた方がいいと思いますが・・・

もしそれでも食べたいというのであれば、
今、作成中のお米のホームページから買えるようになるはずなので、

そこで買えば食べられます(^^)
Posted by ふみさと@管理人 at 2016年05月01日 19:39
>miyaさん

炭水化物抜きダイエット、確かに流行ってましたね、

でも、炭水化物は、体には必要なので、いつまでも炭水化物抜きを続けるわけには行かないですよね

で、ダイエットしていた間は痩せたけど、炭水化物をとりはじめたら、ダイエット前よりも太りやすい体になってしまったりするんですよね

もともとは、『低インシュリンダイエット』という、
太りにくい「炭水化物」、太りやすい「炭水化物」を分類するやり方だったんですが・・・

いつしか「炭水化物が太る原因」というところだけが広まってしまって生まれたダイエット法ですね(^^;)
Posted by ふみさと@管理人 at 2016年05月01日 19:46
こんにちは。
健康あっての人生だし、ビジネスですよね。
食の大切さは、年齢を重ねるほど考えさせられますね。
不健康な時間て、本当にもったいないですよね。
自分の人生の時間を有意義に過ごすためにも、食に対する考え方を改めようと思います!
またお邪魔します!
Posted by yoshihiko at 2016年05月02日 12:21
> yoshihiko さん

ビジネスをする上で、健康が大切だということは知ってはいても、

時間のため、お金のために行動する人でさえ、

健康を実際に失ってみるまでは
「健康のために」何か行動したり、勉強する人はなかなかいないですよね(^^;)
Posted by ふみさと@管理人 at 2016年05月04日 12:32

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー